第3回川崎市交流事業のご報告

 

10月最後の土曜日には2つのイベントが共和のもりセンターで開催されました。

その一つが、毎年3回開催される川崎市交流事業の第3回。

 

親子での参加だった1、2回と異なり今回は大人のみの参加もOKでしたが、小学生のお子さまも数名いらっしゃいました。

 

川崎市との交流事業を行いました

 

残念ながらの雨で”けものみちツアー”や”間伐体験”が中止となりましたが、

代わりに電気ペンで間伐した木に模様を入れるキーホルダー作りからスタート。

イラストを電気ペンで入れて、色をつけ、ニスを塗るという工程です。

 

川崎市との交流事業を行いました

 

お昼はきのこ鍋を班ごとに囲み、雨が上がった午後は校庭で丸太切りから薪割りを体験していただくことができました。

最初はどなたも思うように丸太の芯を捉えられないものですが、諦めずに数回斧を振り下ろしていると、

だんだん感覚がつかめてくるんですね!大人も子どもも夢中になっていくのが伝わってきます。

最後に皆様に束ねていただいた薪束は周辺のキャンプ場やピザ釜などに出荷されます。

 

川崎市との交流事業を行いました

 

3回の交流イベントを通して、川崎市と横浜市の水源地である山北町の”森を守る活動”を少し体感していただいけたでしょうか。これからもおいしい水の故郷に思いを馳せていただければ嬉しく思います。